田村芽実「クラファンの支援額が1500万円を超えました。皆様から支援していただいたお金をどのように使用するかもう一度考えました」

田村芽実「クラファンの支援額が1500万円を超えました。皆様から支援していただいたお金をどのように使用するかもう一度考えました」

あわせて読みたい

田村芽実「クラファンの支援額が1500万円を超えました。皆様から支援していただいたお金をどのように使用するかもう一度考えました」

WS000000

1: 2021/02/04(木) 20:38:54.42 0
t

amura_meimi
皆様へ。
今日は少し込み入ったお金の話をします。

嫌な気持ちになってしまう方もいるかもしれません。

そういった方は、この投稿を飛ばしていただいて構いません。

しかし、このようにしてSNSに投稿し、細かなところまで共有することが、今私にできる皆様への誠意の形だと感じました。

1人ミュージカル『ひめ・ごと』を上演する為に立ち上げた、クラウドファンディング。

皆様からの支援額は、開始1日で1000万円、そして本日、遂に、目標金額の10倍である1500万円に到達しました。

これを書いている今この時も、数字は変わり続けています。

皆様の力によって、夢みたいなほんとうのことが起きているのです。

クラファン開始前には、想像もできなかった支援人数と額。

まだクラファンは続きますが、私はここで、私が間違った道に進まない為にも、もう一度、しっかりと考えることにしました。

このお金は、応援して下さる皆様が、私の1人ミュージカル『ひめ・ごと』の為に、支援してくださったもの。

何にも変えられない、皆様の想いが詰まった大切なお金です。

額が10倍になっても、たったの1円だって無駄にはできません。

例えば、美術費。

皆様のご支援のおかげで、当初予定していた、可愛いお部屋を用意して頂くことができそうです。

しかし、それ以上に、意味もなく豪華なベッドや、部屋の装飾をすることはありません。

ひめちゃんは、お姫様ではなくて普通の女の子。

私が大切にしたいのは、美術や小道具を無闇に豪華にすることではなく、お届けしたい作品を、ひめちゃんの生きる毎日を、一番相応しい形でお届けすることです。

また、衣装に関しても同様で、必要以上に豪華なドレスを身に纏うことはありません。それ以外の費用も、同様に考えています。

では、残った支援金はどこに使うのか?


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

Cute派なんdayカテゴリの最新記事