和田あやちょ「私の発言をバッシングする人もいるけどそんな人は昭和や平成の中に埋没しちゃえと思ってる。そういう考え方も必要」

和田あやちょ「私の発言をバッシングする人もいるけどそんな人は昭和や平成の中に埋没しちゃえと思ってる。そういう考え方も必要」

あわせて読みたい

和田あやちょ「私の発言をバッシングする人もいるけどそんな人は昭和や平成の中に埋没しちゃえと思ってる。そういう考え方も必要」

1: 名無し募集中。。。

佐々木 この企画でも前に話しましたが、まさに「赤いリップ事件」はその話につながりますよね。
大人っぽくなりたくて赤いリップを塗った後輩の笠原桃奈さん(アンジュルム)が「赤いリップは似合わない」
という一部のファンからの言葉に傷付いてしまったことに対して、
和田さんは「周りの目を気にせず、自分の好きなリップを使ったらいいと思う」とお客さんの前で発言していました。
あのときはやっぱり、これは言わなきゃダメだと思ったんですか?

和田 はい。だって妹が学校で嫌なことがあったって言ったら、「じゃあ私がその子に言ってあげるよ!」ってなりますよね?
それと一緒です。それに、過去に自分がそうできなくて悔しい思いをしたから、同じことをさせちゃいけないと感じて。

南波 あれはすごく素晴らしいことだと思うんですが、一部のファンの方々と対立するリスクもあったかもしれないのに、よく言えたなと。すごく勇気が要ることだから。

和田 幸い私たちには応援してくれるファンがすごくいたんです。アンジュルムとしての姿勢や、ああいう発言をするということも「いいよ」と受け止めてくれる方々が。
それが一番強いと思います。今の私もそうですけど、やっぱりメンバー自身も励みになりますよね。

佐々木 ほかの映像でも、和田さんがファンに向かって「自分たちが自分たちでいいと思ったことをやるのは、誰にとってもいいことだ」
みたいなことを話しているのを観たんですが、ファンの前でハッキリと口にするというのは、なかなかないことですよね。

和田 でも口にしないと何も変わらないじゃないですか。

南波 啓蒙的だし、すごくタフだなと思います。

南波 でも世の中にはどうしてもわかり合えないというか、そういうことに対してさらに強いバッシングをしてくる人たちもいるじゃないですか。
これはアイドルとファンの関係に限りませんが、考えを言葉にすることで攻撃を受けたりとか、そういう目にあったりしないのか心配です。

和田 全然大丈夫です。

佐々木 強いなあ(笑)。

和田 そういう行為をする人たちに対しては、「昭和や平成の中に埋没しちゃえ!」と思ってます。ときにはそういう悪い考え方も必要ですよね(笑)。
https://natalie.mu/music/column/414884/page/2

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ハロプロまとめニュースカテゴリの最新記事